LanTan LT330

LanTan LT330はデータサーバ機能を持たないNC工作機と接続し、大容量プログラムデータの高速DNC転送やNC制御機のメモリの入出力を行う小型、簡単操作、低価格が特徴のDNCデータサーバです。単体でUSBメモリを使ったNCデータ入出力機としてもご利用いただけます。

機能詳細

  • ネットワーク上でのファイル共有機能を持ち、CAD/CAMシステムなどで作成されたNCプログラムデータをネットワーク経由で高速転送し、内部の大容量フラッシュディスクに保存します。
  • フラッシュディスクは電源を切ってもデータを保持する半導体ディスクで、振動、熱、電気的ノイズ等に高い耐久性を持っていますので、条件の悪い作業現場でも安全にDNC運転、データ入出力が行えます。
  • NC機との転送終了時やNCのアラーム発生時にご指定のアドレスにメールを発信することができます。(オプション)
  • 表示部にはバックライト付きのLCD(20文字×4行)、操作部には15mmピッチのキーボードを採用し、主要な機能をキーボード上部に配置した使いやすい設計になっています。
  • LanTan LT330製品案内−DNCサーバ 差し替えが可能な外部メモリとしてUSBフラッシュメモリが利用できます。パソコンで作成した大容量プログラムデータをUSBメモリから直接、NC機に転送したり、NC機からのプログラムデータを保存することもできます。 LANケーブルの敷設が困難な場合など、工場内にLAN環境が整備されていなくても、フロッピーやMOディスク等と同様にUSBメモリをご利用いただくことで、大容量データの転送も容易に行うことができます。
USBフラッシュメモリを使った、NCデータ転送装置として
LanTan LT330製品案内−DNCサーバ
工場内にLANを敷設し、ネットワークDNCサーバとして
LanTan LT330製品案内−DNCサーバ

主な仕様

通信パラメータ仕様

COMポートCOM1 / COM2
ボーレート2400 / 4800 / 9600 / 19200 / 38400
ストップビット1bit / 2bit
キャラクタ長7bits / 8bits
パリティNone / Even / Odd
文字コードISO / EIA / ASCII
NULLの挿入NULLを挿入しない / NULLを挿入する
送信時DC1待ちDC1を待つ / DC1を待たない
入力時DC2待ちDC2を待つ / DC2を待たない
オートリワインドオートリワインドしない / オートリワインドする
出力時CTSによる制御DC1/DC3による制御 / CTSによる制御
入力時RTSによる制御DC1/DC3による制御 / RTSによる制御
入力ファイルマークDC2/DC4 / %

LanTan LT330の主な仕様

データディスク組込みフラッシュディスク 256MB(データ領域 約220MB)
RS232CインターフェイスRS232C-1(2400〜38400bps)
RS232C-2(2400〜38400bps)
LANインターフェイス10BASE-T/100BASE-TX(※FTPサーバ機能、Windowsファイル共有機能、DHCP機能を標準でインストール済み)
ディスプレイバックライト付き液晶 20文字×4行
操作キーファンクションキー、英数字キー(25キー)
機能・データ入出力、ファイル管理(ファイルコピー、ファイル消去、ファイル名変更)
・ファイル名表示、プログラム内容表示(※但し、プログラムの先頭から10行まで)
・パラメータ設定(※操作パネル、およびWebブラウザによる設定)
・ディレクトリ設定(※最大10個のディレクトリを設定可能)
・メール発信機能(オプション)
プロトコルプロトコルB
電源電源アダプタ 入力AC100V〜AC240V 0.8A
寸法D198mm×W152mm×H50mm(突起部を除く)
重量約1.21kg
使用条件温度5〜35℃(保管時-10〜50℃)
湿度20〜80%(結露無きこと)
強い振動、ガス等が無いこと


▲ もどる

お問合わせ
お見積り