Roland MDX-50


キャンペーン詳細はこちら

Roland 3DモデリングマシンMODELAシリーズは、デスクトップで手軽に3Dものづくりができます。 オートツールチェンジャー搭載の新製品「MODELA MDX-50」がデビュー!

MDX-50の特長

  • ワークフローの自動化で作業時聞を短縮
  • 回転軸ユニット(オプション)で自動化をさらに支揺
  • スムーズな導入とシンプルな運用、広いワークエリアがもたらす生産性
  • 高品質な加工データを簡単に作成できる付属CAMソフト
  • 本体、コンピュータ、どちらからでも簡単操作
  • 高い安全性とクリーンな環境

自動化で時間短縮

最大6本のツールを自動で交換するオートツールチェンジャーを標準装備。
ツール交換に伴うダウンタイムが発生せず、荒削りから仕上げまで一気に自動運転が可能です。
工具長計測や補正値の登録も自動的に行うため、はじめての方でも安心して取り扱えます

mdx

オプションの回転軸ユニットを装着することで、材料の自動回転が可能になります。
材料を180度反転させる作業やダウンタイムがなくなり、完成までの時間を大幅に短縮できます。
また、90度ごとに回転させる4面加工や任意の角度割出しによる多面加工、さらに380mm×Φ120mmと広いワークエリアでの円筒加工も可能です。

mdx

シンプルで効率的

MODELAシリーズの特長であるシンプル&コンパクト設計をさらに進化させたMDX50。家庭用100V電源で運用でき、エアーコンプレッサーなどの補助機器も不要です。大型加工機のように、手間のかかる日々のメンテナンスは必要ありません。
オフィスや研究室などで手軽に置けるデスクトップサイズながら、400(X)x305(Y) x 135(Z)mmと広いワークエリアを持ち、ノートパソコンサイズの大きなものや、複数のパーツを並べて加工できるなど、幅広いアプリケーションを効率的に製作できます。

mdx
付属CAMソフト

MODELAシリーズでおなじみのCAMソフトウエア「SRPPlayer」を付属。 わずか5ステップの対話形式で加工設定が完了。わかりやすい画面ではじめての方でも迷うことなく、簡単に加工データを作成できます。
また加工設定の自由度が大幅に向上し、ドリル加工やツールパスのバリエーションなども新たに追加されたことで、より効率的に高品質な加工データを作成することができます。

mdx
ビルトインパネル

mdx
VPanel

簡単操作

本体前面に配置されたビルトインパネルで、ほとんどの操作を行えます。 直感的な操作画面で、加工途中でもスピンドルの回転数や切削速度を変更(オーバーライド機能)でき、ステータスも一目で確認できます。
新たに生まれ変わった「VPanel」ではユーザピリティが大幅に向上。加工完了やエラー発生などをメール通知する機能や、ツールの使用時間や交換時期を確認できる機能を備え、加工業務を快適にサポートします。

mdx

安全性と環境

「MDX-50」はフルカバー構造を採用。切削屑や粉鹿の飛散を防ぎ、クリーンで快適、安全な作業環境を構築できます。切削屑を溜めるダストボックスも標準装備。作業終了後にまとめて処理が可能です。充分な明るさのLEDステータスライトは機内の加工状況が確認しやすく、色の変化により遠くからでもマシンの状態が把握できます。大学や高校などの研究室や実習室、さまざまな人が出入りする工房やラボなどでも安心して運用できます。。

mdx



▲ もどる

お問合わせ
お見積り