CADSUPER

CADSUPER

CADSUPERは、業界No.1のドラフティング性能を持つ純国産2次元CAD。国産の強みをいかし簡単・便利に設計出来るように設計者の要望を取り込んだベストセラー2次元CADです。他形式(DXF/DWG、MICROCADAM)フォーマットとの親和性も高く取引先とのデータ交換もストレスなく実現できます。3次元データ(IGES, Parasolid)から投影図・断面図を取得する機能も搭載しており、3次元CADデータも有効活用できます。


CADSUPER 2019年度版の主な特徴



CADSUPER 主な特徴


より直感的な操作性を追求

[選択]コマンド機能

要素を選択すると、要素上の端点や中点、円の中心などに小さなポイントが表示され、そのポイントをドラッグすることで変形や移動、縮尺等、ダイナミックな編集が省操作で実行できます。


[スマート寸法]コマンド機能

計測したい要素に応じて、寸法形状を自動的に作成できるスマート寸法機能が搭載されました。3次元CADと操作性を統一することで、寸法線記入の効率が飛躍的にアップいたします。


[回転角度計測]機能

製品の多くは、複雑な部品で構成されるため、部品と部品の接触する位置の角度計算が課題でした。多くのお客様ご要望があった部品間が接触する回転角度の計算機能を計測機能に搭載いたしました。
接触位置の角度計算が計測機能に搭載されたことで、実際に部品を移動する必要がなくなりました。


<フリーウインドウ/サブフレーム機能>

マルチウインドウ対応による画面の有効利用を実現!作業領域を広げる為に、フリーウインドウ化機能を搭載しました。 CADSUPERのウインドウフレーム外に図面ウインドウを表示したり、その他の機能(レイヤ、部品、計測など)を別画面から利用できます。



3Dデータを最大限に活用できる! 3D展開機能を標準搭載!


上流からの3Dデータを利用し、投影図に展開する機能を搭載しております。また、3Dデータを活用し、現場で求められる図面を作成するための便利な機能を搭載しております。

3D計測 / 3Dデータからの展開機能>

IGES,Parasolidなどの3Dデータを読み込み可能です。投影方向を指定し設計者の意図とする3面図・6面図投影を簡単に作成することが出来ます。
また、図面展開時は、CADSUPERならではの投影図取得時の補正機能により、投影図作成時に発生する問題点(端点未接続・重複要素による容量増加・円弧の微小線分化など)を解決します。
3次元モデルからの投影図・断面図作成に加え、 Ver2017からは、作成した3Dモデルに対する計測も可能となっています。


投影図展開後の編集機能

3Dデータを活用し、断面図や詳細図も自動で作成可能です。現場で求められる図面を作成するために様々な機能が搭載されており、 不要な隠線削除、断面隠線処理、面取り線削除など、加工図面を作成するために便利です。


造形用データ形式で出力し、3Dプリンタで造形!

取り込んだ3Dデータを活用する方法として、造形用データ(STL)に出力することができます。 出力されたデータを利用して、話題の3Dプリンタで造形サンプルを作成することができます。



ほかにもさまざまな基本機能


連動詳細図

元図と詳細図との表示連動機能を実現しました。元図を修正すると詳細図側も自動的に反映し、設計作業工数削減を実現しております。

省略図機能

ワンクリックで簡単に省略図(中間省略や対称省略)を作成する機能を搭載しています

自動ズームアップ機能

要素が集中している箇所の座標認識を行う時に便利な自動ズームアップ機能。一定範囲に複数の座標入力候補がある場合、マウスカーソルが虫眼鏡に変更され、マウスクリックで拡大ウインドウが表示されます。また、重複した要素選択時は重複要素選択機能が実行され要素属性を確認しながら目的の要素を正確に選択することができます。

マウスジェスチャー機能

マウスジェスチャーによるコマンド実行機能を搭載していますので作図領域から視線をそらすことなくコマンド選択やコマンドモードの切り替えなどが可能です。

画像挿入・成形機能

任意の画像を配置、成形(変形等のサイズ調整)出来ます。図面データに画像を付加することで実際の装置などのイメージがわかり、打合せや設計に役立ちます。

機械要素部品の置き換え機能

配置後の機械要素部品を書き直すことなく、同一部品のサイズ変更や部品種類の変更が出来るようになりました。設計変更時や類似形状図面の作成時などの図面変更作業を大幅に効率化致します。

図面比較機能

2枚の図面を重ね合わせて比較する機能を搭載しています。新図面と旧図面の相違点を瞬時に表示できる為、時間のかかる検図作業を大幅に工数削減いたします。また、図面のバックアップ機能と連携することで、作図中図面と旧図面との比較も可能で更新差分の検出も容易に行えます。

モバイルビューワの利用

CADSUPERシリーズのCADSUPER FXII及びCADSUPER図面データを iPadなどのタブレットやスマホで閲覧することが可能な無償のモバイルビューワを提供しています。(Google Play, App Store から「CADSUPER」 で検索)




親和性の高いデータ互換


DWG/DXFデータとの互換性を保つことが出来る為、他社CADとの相互運用が可能です。モデル空間/レイアウト空間両方の変換やビューポートによる異縮尺図面、ByLayer属性の変換も可能で、他社CADで作図したイメージと違和感なくCADSUPERで表示作図出来ます。 DXF/DWG形式以外にも、MICROCADAM形式(32bit版のみ対応)、BMI形式、JWW型式、CADSUPER SX/JX形式、EASYDRAW形式 のダイレクト変換機能を搭載しています。


機械設計系機能 / 金型設計系機能


●標準でJIS規格に基づく機械要素(ねじ・鋼材・ピンなど)が搭載されています。部品として扱えるので基準点と向きを指示するだけで簡単に配置することが出来ます。部品を選択する際には規格に基づくサイズのみを表示するため、選択が容易です。

●寸法公差、幾何公差、面の肌記号などの記号群を取り揃えています。さまざまな公差形状に対応しており、付加したい寸法をクリックするだけで、簡単に公差追加出来ます。また、公差以外の記号に関してもわかりやすい選択画面と配置が出来ます。


金型設計ならではの豊富な寸法作図機能を標準搭載しています。座標・角度・径の引き出し寸法線、自動累進寸法線など金型図面を作図するときによく利用される寸法形状が簡単に作図出来ます。 その他にも金型作成に必要な逃しや角Rを簡単に作図する機能や、抜き勾配を作図する専用コマンドを搭載しています。



基本仕様

精度倍精度演算・倍精度データ
容量マルチ処理図面数 64
図面あたりの最大要素数 1600万要素
メニュー方式メニューバー
コマンドパネル
ツールバー及びツールボックス
ポップアップメニュー
(ICON表示と日本語表示可能)
ッキングツールボックス及びツールバーサポート
ICONのサイズは16・24切り替え可
コマンド選択方式マウス
基本要素点、線、円・円弧、楕円・楕円弧
文字(最大文字列126文字)
NURBS曲線、ハッチング、塗り潰し
要素座標検出方式自動要素・座標検出(ナビゲーションシステム)
CTRL+マウス左、SHIFT+マウス左に割り付け可能
矩形による要素検出、任意矩形による要素検出
マスク指定(指定要素選択)可能
座標検出フリー、グリッド点、端点、交点、
線上点、円の中心点、線分の中点
参照モード、自動検出
座標系XY座標系、極座標系
座標表示相対原点表示、現在点表示、グリッド点表示
日本語入力 Windows機能
カスタマイズ コマンドマクロ、VBScript、dotNETカスタマイズ
システムパラメータ図面情報: 図面テンプレート方式
ユーザ設定:ユーザプロパティ方式
図面呼び出し図面検索、イメージ表示
図面排他制御ディレクトリ単位で指定可能
コンバータFX for Windowsデータをダイレクトに読み書き可能
JX for Windowsデータをダイレクトに読み書き可能
SX for Windowsデータをダイレクトに読み書き可能
EASY DRAW データをダイレクトに読み書き可能
DWG/DXF、MICRO CADAM、JWW
提供媒体DVD-ROM
HELP検索型ヘルプ、状況依存型ヘルプ
要素属性[線種] 任意定義可 初期値
実線、破線、一点鎖線、二点鎖線、点線、補助線 (最大定義数 25)
[幅] 任意定義可 初期値
細線、太線、極太線 (最大定義数 10)
[色] 任意定義可 初期値
黒、青、赤、紫、緑、水色、黄色、灰、暗い紫、暗い緑、暗い白(最大定義数 256)
[線端] 矢印、黒丸、三角、建築、土木、任意
[点種] ・、+、*、●
レイヤレイヤ数 最大30000 (レイヤセット機能有り)
UNDO/REDO図面単位で無制限
データ保護 指定時間間隔で自動保存
文字TrueTypeフォント(複数タイプ混在可) アンドール標準ベクトルフォント、アンドール高品質ベクトルフォント(プロッタ出力時は、アンドールベクトルフォントのみサポート)
部品(シンボル埋め込み部品、連動部品(部品属性任意定義可、自動隠線/消去機能有り)
Windows対応 OLE2.0、ロングファイル名、ショートカットキー、ポップアップメニュー

動作環境

OSCADサポート情報 [OS対応状況]を参照してください。
※推奨64bit
CPUIntel CoreI3同等またはそれ以上
メモリ1GB以上(推奨:2GB以上)
<3Dモデル図面展開オプション選択時> 2GB以上
ハードディスク標準インストールで300MB以上
CD-ROM装置 必須
ディスプレイ解像度1280×1024以上(ワイド画面推奨)、True Color
入力装置ホイール付マウス
出力装置プロッタ:アンドール製プロッタドライバ
プリンタ:Windows付属又は各メーカ提供Windows用ドライバ
その他Microsoft Internet Explorer 8.0 以降
グラフィックカード
3D図面展開使用時
メモリ128MB以上のOpenGLアクセラレータボード(推奨)
1280×1024 32ビット True Color以上