HandyCAD MarkⅡ

HandyCAD MarkⅡ

HandyCAD MarkⅡは、単体でも導入可能な簡単操作・高機能な2次元CADと、ミル/ワイヤ等各CAMモジュールを組み合わせてシームレスにNC作成まで行うことができるCAD/CAMシステムです。2.5次元クラスでは抜群の高機能を誇っております


2次元CAD機能

CADソフトのみ販売もしておりますので、将来CAMへと拡張させることも可能です
20種類を超えるフォーマットに対応したダイレクトコンバータ機能を搭載、簡単な操作と機能充実で初心者からパワーユーザーまで幅広くお使いいただくことが出来ます。

図面資源の有効活用

DXF,DWGフォーマットに関しては、最新のバージョンまで幅広く対応しており、今まで困難とされていたレイアウト空間や、一般的にトラブルが多いとされる寸法線に関しても、業界最高水準の変換精度を誇っています。
また、建築土木業界でのSXFフォーマット、JW_CAD、CADSUPERなどにも対応、大量の図面を一括して印刷したり、他フォーマットへ変換したりと、バッチ的処理が要求される場面においてもHandyCAD MarkⅡは十分威力を発揮します。


PC資源への配慮

HandyCAD MarkⅡはPCの資源が許す限り複数の図面を同時に編集することが可能となっており、3次元データなどのように大量の微小線分で構成された図面であってもストレス無く操作することができます。
また、メモリの消費量に関しても、有限資源である実メモリの使用を極力抑えるテクノロジーを使用していますので、通常業務においてメモリ不足に陥る心配はありません。万が一、作業途中にトラブルが発生(OSのハングアップなど)したとしても、図面の保護機能が備わっていますので、復旧作業は容易にできます。


洗練されたマウス操作

マウス操作において認識したい座標や要素をやさしくナビゲートしてくれる、そんな心配りを体感できるのがHandyCAD MarkⅡです。 コマンドによっては座標と要素の同時受付が可能なので、従来のCADのような切り替え操作は不要です。また、認識座標(端点、交点など)別に表示マーカータイプを指定したり、ツールチップの表示ON/OFFなど、きめ細かな設定で更に使い易くできます。 マウスホイールに関しても、回転はズーミング、ドラッグは移動、ダブルクリックは原図と、当たり前と思われる操作を当たり前のように実現しています。 属性バーなどのボタン操作においては、携帯電話などにも多く採用されている「長押しボタン」機能を採用する事により、左クリックは次項目、右クリックは前項目、長押しはリスト表と、省操作で様々な機能を実現しています。 また、頻繁に使用するコマンド起動ボタン(ツールバーボタンなど)では、ボタンダウンのアクションだけでコマンド起動できますのでレスポンスの良い操作が体感できます。


フレキシブルなコマンド操作

HandyCAD MarkⅡはコマンドプロパティと称する共通インターフェースの採用により、コマンドに必要なパラメータは一覧で表示され、各パラメータは随時入力を受け付けていますので、フレキシブルなオペレーションが可能となっています。また、各パラメータには参照ボタンが付いていますので、必要な時には何時でもCAD要素から情報を参照できます。


ループ認識オペレーションにおいても、閉じた領域をワンクリックで自動認識する機能や、矩形内の複数領域を一括認識する機能など、今までに無い軽快なオペレーションを実現しています。


Officeアプリとの親和性

Officeアプリケーションと連動させる事により、ワンランク上のドキュメント作成が可能です。 図面にExcelやWordなどのオブジェクトを貼り付けて編集する事も当然可能ですが、貼り付けたオブジェクトをCAD図形に変換することができますので、CADとしての編集や他フォーマットへ変換する場面などで威力を発揮します。 逆に、ExcelやWord などにHandyCAD MarkIIの図面を貼り付け、ダイレクトに編集することもできます。



Advance Command (アドバンスコマンド)

アドバンスコマンドではCADの標準コマンドでご用意できなかったニーズの高い機能をご提供しています。 円座標の一覧表や集計表の作成、各種コーナー処理、他図面を読み込んだ際の座標誤差を補正する図形補正コマンド等をご用意しています。

座標一覧 / 集計表 / 座標寸法 / 直交座標 / 座標出力 / コーナー処理 / ヘソ逃 / 円上配置 / 図形補正 / 原点記入 / 領域分析 / 歯車 / 板カム / トレース


座標関連のコマンド群

点/円/シンボルの座標一覧表や、テキスト出力、引出し寸法で表示が可能です

図形補正

他形式の図面を読み込んだ際の線分の端点誤差や角度(水平/垂直)の誤差を補正したり連続要素の端点のズレを補正することができます。

コーナー処理

7種類の形状からコーナー処理タイプを選択します。オプションの指定によりコーナーの伸縮も可能です。

歯車

ダイアログ上で歯車の諸元、作図条件を入力し図面へ配置します。歯車の種類は外歯、内歯、ラックに対応しています。転位係数の指定の他、またぎ歯厚法、オーバーピン法にも対応しています。

板カム

ダイアログ上で板カムの諸元を入力し図面へ配置しますカム曲線の種類は単弦(正弦)、サイクロイド、等速度、変形台形変形正弦、変形等速度に対応しています。


3D Gate Application (3Dゲートアプリケーション)

3Dゲートアプリケーションを使用することにより、3Dデータのダイレクト計測や印刷ができ、側面図や断面図の作成ができます。2次元CADシステムのみで3Dデータでの受注が可能になります。

3Dビューの機能

「Parasolid、ACIS、IGES、STEP」 の3Dデータに対応、読み込み時に自動で3Dデータの最適化シートの縫い合わせやジオメトリの単純化を行います。 ダイレクトに3Dデータ計測を行ったり、アセンブリパーツであっても、必要なパーツのみ表示させて投影変換することが可能です。 特定の面を基準面としたい場合でも、マウスで面とエッジを指定するだけの簡単オペレーションが可能です。


3面図の作成

挿入した投影図を基に、2次元のCAD画面上で側面図の作成が行えます。 アイソメ図を含め最大で8方向の側面図を簡単に配置することが出来ます。 配置する際にはレンダリング状態の変更が可能なので、3Dの画面へ戻る必要はありません。


断面線/断面図の作成

断面図を作成する前に、断面線を定義する事で効率良く断面図を作成する事ができます。 断面線はJISの切断線表記に準拠しており、そのまま寸法線として使用できます。複数ポイントを指定して階段形状の切断や通過点の指定も可能となっています。 断面図の作成は前もって定義した断面線を選択するだけで、断面図を配置する事ができます。


滑らかな円弧補完

3Dデータを単純に2D変換した場合、重複要素の発生や、円/円弧の分断、微小線分化された3D曲線など、そのままではCAM定義の際に多くの問題が出てきます。 また、2D変換後に手作業で図形補正を加えるとなると、非常に手間の掛かる作業となってしまいます。 3Dゲートは、2D変換の際に自動で最適化処理を加える事ができ、何ら補正を加えなくてもCAMで使えるデータとなります。



Raster Application (ラスタアプリケーション)

ラスタアプリケーションを使用することにより、地図やイラストなどの画像(ラスタ)をHandyCAD MarkⅡ上でダイレクトに編集することが可能となります。

ノイズ除去&台形補正で画像を補正

スキャナ取り込みで発生しやすいノイズや原紙のズレから起こる歪みに対しても簡単な操作で補正する事が可能です。


ベクタ変換でCAD図形として活用

今まで手動で行っていたベクタトレース作業や高価なソフトで行っていたラスベク変換が簡単な操作で可能となっています。


豊富なフィルタ機能

ぼかし処理やエンボス加工などの豊富なフィルタ機能を標準搭載しています。



Fcomp Command (エフコンプコマンド)

設計変更やデータ変換などにより変更が加えられた図面を目視だけで検図すると、意図しない変更箇所や見分けの付かない変更箇所を見落としてしまいます。目視では困難な検図作業も、エフコンプの検図ツール群を使用することにより作業効率が飛躍的にアップします。

図面比較・部分比較

エフコンプの「図面比較」は新旧2つの図面の相違点をわかりやすくレポートしてくれるツールです。二つの図面を指定する事により、相違点を色分けした結果図面(合成図面)が作成されます。 ※新旧2つの図面フォーマットが異なっていて問題ありません。結果図面は前もって保存用のフォルダを指定しておく事で、自動保存が可能となっています。 「図面比較」は幾何学的な比較はもちろんの事、図面名称や図番などの図面情報や、ペン番号や線種などの図形属性の比較も可能です。また、図形が全体的に移動してしまった図面も、自動で移動量を導き出しますので、特別な作業を必要としません。配置されている部品の比較など、「部分比較」を使えば図面上の特定の範囲だけを比較することができます。


フォルダ比較

図面と関連ドキュメント(資料)をフォルダ単位で管理している場合、管理フォルダが多重に階層化されていると変更箇所を見落としてしまうことがあります。 「フォルダ比較」は、新旧2つのフォルダの相違点を簡単に調べ上げる事ができ、その際に「図面比較」も同時に行えますので、変更箇所の見落としがなくなります。 比較結果の画面では、リストのフィルタリング、ファイルのコピー、削除、図面の表示などが行えます。


目視による検図アシスト

結果図面を基にした目視による検図作業でも、構成要素の表示/非表示を瞬時に切り替える便利なコマンドや、ウィンドウの同期機能を使うことで、検図作業が飛躍的にアップします。



Markup Application (マークアップアプリケーション)

マークアップは設計変更などの指示を図面上にスケッチ感覚で朱書きできるツールです。マークアップ情報はCAD図面とは別ファイルで管理されていますので、ドキュメント保守性に威力を発揮します。

引き出し付きコメントを始め、フリーハンドスケッチのような雲形状もご用意していますので、CADの知識がなくても簡単に作成することができます。 マークアップファイルは図面ファイル名と同名で保存する事で、次回から図面を開くとマークアップファイルも自動で読み込まれます。


CAD図形にスナップ

マークアップオブジェクトのグリップポイントはCAD図形にスナップしますので、引き出し位置の指定やオブジェクトの位置合わせが簡単に行えます。


ハイパーリンク

結果図面を基にした目視による検図作業でも、構成要素の表示/非表示を瞬時に切り替える便利なコマンドや、ウィンドウの同期機能を使うことで、検図作業が飛躍的にアップします。



データ互換性


基本仕様

データ精度倍精度データ、倍精度演算
図形要素数要素数無制限(コンピュータ環境に依存)
図面編集図面数無制限(コンピュータ環境に依存)
基本図形点、線分、ポリライン、円・円弧、楕円・楕円弧、文字、曲線、ハッチング、ピクチャー
複合図形寸法線、集合、ユニオン、シンボル、リンク図面
座標認識自由点、グリッド点、ラスタ点、線上点、中心点、極点、中点、端点、交点、図枠角、参照点
座標入力XY座標(絶対・相対)、極座標
レイヤ4096層(書込み・参照・表示・非表示)、名称設定、縮尺設定可能
表示フィルタによるグループ管理、色/線種/線幅設定可能
ペン(線幅)16本
256種類
線種実線、破線、一点鎖線、二点鎖線、三点鎖線、点線、補助線
※任意に線種作成可能
線端矢印、上矢印、下矢印、丸印、抜き丸、黒丸、三角、黒三角、スラッシュ、平行、インテグラル、抜き三角、四角、抜き四角、黒四角
※任意に線端 作成可能
文字表示ベクトルフォント、TrueTypeフォント
イメージBMP、JPEG、TIFF、PNG、WMF、EMF
クリップボードOLEオブジェクト、BMP、WMF
UNDO/REDO図面単位で回数無制限(コンピュータ環境に依存)
データ保護指定時間間隔でリカバリーファイルとして保存、排他制御
カスタマイズMicroSoft Visual C++
MicroSoft VB Script
OLE Automation
コマンドマクロ

動作環境

OSWindowsXP、Vista、7、8/8.1、10
プロセッサIntelCore 1GHz以上または完全互換プロセッサ
システムメモリ512MB以上
グラフィックデバイス3Dゲートアプリケーション: OpenGL Ver1.4以上のアクセラレータ対応ボードを推奨
グラフィックモニター1024×768以上
HDD500MB以上の空き容量