INVENTOR CAM(INVENTOR HSM)

INVENTOR CAM

2軸から同時5軸加工まで、圧倒的な低価格を実現。 旋盤機能も標準で搭載しています
CAD部には最新版のAutodesk Inventorがフル機能として構成されています。使い慣れたinventor環境とナビゲーション ツールを使用してツールパスを生成します。設計からツールパスの生成まで、データ損失が発生するリスクを排除できます。

Inventor CAD機能

Autodesk INVENTORは、3D 機械設計、設計ドキュメント作成、製品シミュレーションのためのプロフェッショナル レベルの機能を装備した 3D CAD ソフトウェアです。

解りやすいGUIインターフェース

カーソルを合わせると、ビジュアル画像付HELPがポップアップで表示されます。

ダイレクト編集

パラメトリックなパーツのジオメトリを編集することで設計見直しなど寸法の変更を簡単に行えます。

検査機能標準搭載

・距離 ・角度 ・ループ ・ゼブラ ・勾配 ・曲率 ・質量 ・体積 ・面積 ・重心

アセンブリ設計

位置の定義や、部品の動きをワンステップで定義できます。デザインアクセラレータとアセンブリツールを組み合わせて使用することで、アセンブリのすべてのパーツやコンポーネントを正確に設計できます。干渉や重量なども検証できるため、初めから質の高い製品の製造が可能です。

構造解析 (Proのみ)

有限要素解析(FEA)機能により、現在の設計が実際の条件下でどのように機能するかを事前に予測できる為、設計変更の時間を節約し、試作製作のコストを削減できます。

金型設計 (Proのみ)

プラスチックの射出成型用金型を設計する際に 最適なシミュレーションを可能にします。

シームレスな互換性

他社製3D CADデータを変換することなく、直接参照してInventorの作業環境に取り込むことができます。 CATIA,SolidWorks,NX、Pro/ENGINEER、及びCreo、Aliasをサポートしています。

モデルの再編集機能

ソリッドやサーフェスモデルの穴埋めやフィレットの除去が簡単にできます。

フリーフォームでのモデル作成

有機的形状を粘土のように編集できます。

3Dプリンター環境

3Dプリンター用のツールが用意されており、使用している3Dプリンタに応じて、モデル全体またはモデルの一部を出力する事ができます。

2Dでの構想設計

構想設計をすべげ3Dから始めるのではなく 2Dのスケッチ状態から組み合わせて検討を行えます

設計図面の作成(AUTOCADと互換)

自動図面ビューなどのツールにより3Dから2Dの設計図を簡単に作成できます。


CAM機能


負荷制御

従来の粗取りと比較して 4 倍以上粗取り時間を短縮し、工具の寿命を延長できます。

旋盤加工と複合加工

従来の粗取り、フェイシング、溝切り、ボーリング機能で生産性を向上させます。 リアルタイムで複合加工の工具を設定できる機能も備えています。

Inventor の AnyCAD

ソースの CAD システムでの設計変更に応じて、図面やツールパスなど後工程のデータが自動的に更新されます。

プロービング

CNC 計算中に, パーツと治具の衝突を回避できます。

傾斜の加工

傾斜角度を使用することで刃物接触を制御し、工具のふれを最小限に抑え、仕上げを改善できます。

CNC 出力の編集

NC プログラム ファイルに対して一般的なテキスト編集を加えることができます。

2.5 軸、3 軸フライス加工

ツールパスの作成に、3D 負荷制御などの強力なテクノロジーや、業界屈指の種類を誇る仕上げツールパスを使用できます。

4 軸、5軸フライス加工

同時 4 軸および 5 軸機能を利用して、傾斜、複合軸輪郭、スワーフなどの複雑なモデルの加工に対応できます。

ウォータージェット、プラズマ、レーザー切断

同じ平面にすべての輪郭を追加する機能、タブの追加機能、品質設定の指定機能により、2D のプロファイル切断パスをすばやく生成できます。

治具の衝突回避

マルチプロセッサ/マルチコア CPU サポートにより、ツールパスの計算時間、特に大規模または複雑な設計の計算時間を短縮できます。

ストックとツールパスのシミュレーション

削除対象のストックを表示し、シャフトとクランプの干渉を確認できます。

解析ツール

距離を計測したり、送りやスピード、予測加工時間など重要な情報を動的に表示することができます。


トランスレーター対応一覧

インポートエクスポート
・ Autodesk Inventor
・ AutoCAD DWG
・ CATIA V5
・ JT
・ NX
・ Pro-E
・ DWF マークアップ
・ DXF
・ IGES
・ Parasolid
・ STEP
・ STL
・ Autodesk Inventor
・ Alias
・ AutoCAD DWG
・ CATIA V4/V5
・ JT
・ NX
・ Pro/E
・ DWF マークアップ
・ DXF
・ IGES
・ Parasolid
・ STEP
・ STL
・ Solidworks
・ Rhinoceros

動作環境

※Autodesk Product Design Suiteより

OS•64 ビット版 Microsoft® Windows® 10 半期チャネル
•64 ビット版 Microsoft Windows 7 SP1 (更新プログラム KB4019990 のインストールが必要)
CPU推奨:3.0 GHz 以上、4 コア以上
最小:2.5 GHz 以上
メモリ推奨:20 GB 以上の RAM
最小:パーツが 500 個未満のアセンブリの場合、8 GB の RAM
ディスク空き容量100 GB
グラフィックス推奨:帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)
最小:帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 対応)
画面解像度推奨:3840 x 2160 (4K)、推奨尺度: 100%、125%、150%、200%
最小:1280 x 1024 (1080p)