Autodesk Inventor

Autodesk Inventor

Autodesk Inventor は、3D 機械設計、設計ドキュメント作成、製品シミュレーションのためのプロフェッショナル レベルの機能を装備した 3D CAD ソフトウェアです。

機能概要

解りやすいGUIインターフェース

カーソルを合わせると、ビジュアル画像付HELPがポップアップで表示されます。

ダイレクト編集

パラメトリックなパーツのジオメトリを編集することで設計見直しなど寸法の変更を簡単に行えます。

検査機能標準搭載

・距離 ・角度 ・ループ ・ゼブラ ・勾配 ・曲率 ・質量 ・体積 ・面積 ・重心

アセンブリ設計

位置の定義や、部品の動きをワンステップで定義できます。デザインアクセラレータとアセンブリツールを組み合わせて使用することで、アセンブリのすべてのパーツやコンポーネントを正確に設計できます。干渉や重量なども検証できるため、初めから質の高い製品の製造が可能です。

構造解析 (Proのみ)

有限要素解析(FEA)機能により、現在の設計が実際の条件下でどのように機能するかを事前に予測できる為、設計変更の時間を節約し、試作製作のコストを削減できます。

金型設計 (Proのみ)

プラスチックの射出成型用金型を設計する際に 最適なシミュレーションを可能にします。

シームレスな互換性

他社製3D CADデータを変換することなく、直接参照してInventorの作業環境に取り込むことができます。 CATIA,SolidWorks,NX、Pro/ENGINEER、及びCreo、Aliasをサポートしています。

モデルの再編集機能

ソリッドやサーフェスモデルの穴埋めやフィレットの除去が簡単にできます。

フリーフォームでのモデル作成

有機的形状を粘土のように編集できます。

3Dプリンター環境

3Dプリンター用のツールが用意されており、使用している3Dプリンタに応じて、モデル全体またはモデルの一部を出力する事ができます。

2Dでの構想設計

構想設計をすべげ3Dから始めるのではなく 2Dのスケッチ状態から組み合わせて検討を行えます

設計図面の作成(AUTOCADと互換)

自動図面ビューなどのツールにより3Dから2Dの設計図を簡単に作成できます。


機能比較一覧

主な機能INVENTOR PROINVENTOR LT
エンジニアリング設計の生産性
3D パーツ モデリング
フリーフォーム モデリング
ダイレクト編集
大規模アセンブリの設計×
シート メタル設計×
ルールに基づいた設計と自動化×
カタログ/購買品/標準部品ライブラリ×
フレームおよび溶接アセンブリの設計×
プラスチック部品設計×
電気系統の設計およびチューブやパイプの配管×
金型、ツール、ダイ×
シミュレーションと設計の検証
抜き勾配解析
点群ツール×
アセンブリの衝突および干渉のチェック×
設計ドキュメント作成
図面ビューの自動作成
国際規格のサポート
部品表(BOM)の生成×

トランスレーター対応一覧

インポートエクスポート
・ Autodesk Inventor
・ AutoCAD DWG
・ CATIA V5
・ JT
・ NX
・ Pro-E
・ DWF マークアップ
・ DXF
・ IGES
・ Parasolid
・ STEP
・ STL
・ Autodesk Inventor
・ Alias
・ AutoCAD DWG
・ CATIA V4/V5
・ JT
・ NX
・ Pro/E
・ DWF マークアップ
・ DXF
・ IGES
・ Parasolid
・ STEP
・ STL
・ Solidworks
・ Rhinoceros

動作環境

※Autodesk Product Design Suiteより

OS•64 ビット版 Microsoft® Windows® 10 半期チャネル
•64 ビット版 Microsoft Windows 7 SP1 (更新プログラム KB4019990 のインストールが必要)
CPU推奨:3.0 GHz 以上、4 コア以上
最小:2.5 GHz 以上
メモリ推奨:20 GB 以上の RAM
最小:パーツが 500 個未満のアセンブリの場合、8 GB の RAM
ディスク空き容量100 GB
グラフィックス推奨:帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)
最小:帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 対応)
画面解像度推奨:3840 x 2160 (4K)、推奨尺度: 100%、125%、150%、200%
最小:1280 x 1024 (1080p)